シアリスのジェネリック医薬品について~偽物に注意しましょう~

サプリメントを取り出す男性

ED治療薬で人気の高いシアリスですが、価格の安いジェネリック医薬品(後発医薬品)を購入する場合は気をつけなければいけません。なぜなら、まだ日本国内で認可されたシアリスのジェネリック医薬品は存在していないからです。

シアリスのジェネリック医薬品は本来日本には存在しない

現在、日本国内ではまだ厚生労働省に認可されたED治療薬シアリスのジェネリック医薬品は存在していません。なぜなら、まだ先発医薬品であるシアリスの特許が切れていないからです。シアリスの特許が満期にならなければ、ジェネリック医薬品の製造はできません。したがって現在出回っているジェネリック医薬品は、正規品ではないということです。
この点はかならず理解しておく必要があります。ネットを通じて何でも手に入る時代だからこそ、細心の注意が必要となります。

海外製のシアリスジェネリックの危険性

シアリスのジェネリック医薬品として出回っている薬があるのは事実です。しかし、これらは偽物であり、非常に危険性が高いものも混入されている恐れがあり、強い副作用を引き起こす可能性があります。
実際、海外製のシアリスジェネリックを服用したあとに、「気持ち悪くなった」「嘔吐した」「下痢になった」という副作用が報告されています。死に至るような重篤なケースではないにしても注意が必要です。
シアリスの特許が切れて、正式に国内の医薬品メーカーが製造するまで手を出さないほうが無難です。

タダリスはインド製のコピー版シアリス

インドの製薬会社が製造しているタダリスというシアリスのジェネリック医薬品があります。薬の効果や副作用などはシアリスとほとんど同じですが、製造する方法や場所が違います。各国で承認されているシアリスに対し、タダリスはインド国内のみとなっています。ジェネリック医薬品なので安価なのは確かですが、注意すべき点もあります。
まず、タダリスにも偽物が存在しています。
業者によっては本物と証明するために成分検査証を添付しているところもありますが、証明書があるからと簡単に信用してはいけません。
日本国内で認可されている正規品以外を服用することは大きなリスクもあり危険です。また、併用禁忌薬(飲み合わせの悪い薬)もシアリスと同じですので、間違った服用方法をとると健康被害につながります。医師に相談し、正規品を処方してもらうことが1番安全といえます。

病院でシアリスを処方してもらう

国内でまだシアリスのジェネリック医薬品が認可されていない以上、最も安心できるのは正規品を病院で処方してもらうことです。確かにED治療薬は高額なものが多いので、少しでも安いものを手に入れたいという誘惑はあります。
しかし、安全とお金を天秤にはかけられません。特に、海外製の医薬品には危険性もあり不安です。どうしても費用を抑えたいという場合こそ、安易に使用しないようにしましょう。

おわりに

EDに悩んでいる男性にとってED治療薬、中でも安価なジェネリック医薬品は一見ありがたい薬です。ですが、先発医薬品であるシアリスの特許が切れていないため、日本国内ではシアリスのジェネリック医薬品は製造されていません。海外製のものは偽物が多く、危険が伴う可能性もあるので気を付ける必要があります。安全のためにも正規品を病院で処方してもらうようにしましょう。

関連記事

  1. 薬と水

    ED治療薬 レビトラの使用期限について

  2. 顎に手をつき考えている男性

    水なしで飲めて持ち運びに便利!バイアグラODフィルムとは?

  3. レビトラの特徴や効能とバイアグラとの比較

    レビトラの特徴や効能とバイアグラとの比較

  4. ED治療薬について

    ED治療薬について それぞれの違いと副作用について

  5. 血中濃度を測る

    ED治療薬 バイアグラ・シアリス・レビトラの血中濃度と食事の…

  6. 落ち込んでいる男性

    ED治療薬 バイアグラを処方できない方とその理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP