ED治療薬におけるジェネリック医薬品について

掌に載せた錠剤

最近ではED治療薬を検討する人もずいぶん増えてきて、探してみると周りで利用している人も簡単に見つかります。
少し高いイメージもありますが、ジェネリック医薬品なら安く済みますので、同じ作用を持つジェネリック医薬品がないかを探してみましょう。

そもそもジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは新薬と同じ成分の薬であり、新薬が発売されてから数年、数十年が経って、味が改良されていたり小型化されたりと使いやすくなっています。
飲みやすくなっているだけでなく、飲み間違いも防ぐように工夫されていて、その効果は厚生労働省で認められているため安心して使えます。
新薬のように研究開発にお金がかかっていませんので、その分安価に購入できるのも大きな特徴です。
患者さんの自己負担額を減らせますので、ジェネリック医薬品を希望する人が増えています。ED治療薬も多数販売されていて、様々な選択肢があります。

成分や効き目について

基本的に配合されている成分は同じですので、効き目も同等だといえます。
これを証明してくれるのが厚生労働省の認可ですが、認可するために規格試験や安定性試験、生物学的同等性試験を実施していて、その結果承認が出て製造されています。
つまり、しっかりと調査した上で新薬と同じような効き目があると認められていますので、これまで新薬のED治療薬を使っていた人でも安心して選ぶことが可能です。
ED治療薬自体の成分や効果は変わらないのに、薬自体は安価に入手できるのが大きな魅力です。

医師団体がジェネリック医薬品の使用を慎重に呼びかける理由

医師団体がジェネリック医薬品の使用を慎重にするようにと呼びかける背景には、処方箋が成分名で記載されていることが関係しています。
成分名で記載されると薬剤師の裁量で選択できるようになりますが、欧米の例を見ると種類によっては新薬と同じような効果が得られなかったり不安定であったりと、いくつかの問題が発生しています。
意識改革が遅れているために呼び掛けているわけではなく、こうした問題が発生することを懸念しているようです。

日本でジェネリック医薬品がすすめられる理由と普及について

日本でジェネリック医薬品がすすめられるのは、高齢化によって医療費が膨大な額になっていて、経済を圧迫しているからです。
薬剤費の軽減を行えれば、医療費はかなり下がりますので、社会情勢も関係しています。更に安全性や効能が厚生労働省によってきちんと担保されていることも、普及の後押しになっているようです。いくら安くても質や安全性に問題があれば利用できませんが、そのあたりを検査して証明していますので、利用者にとっては悪い話ではありません。

おわりに

ED治療薬にもジェネリック医薬品があり、成分や効き目に関しては厚生労働省の検査を受けて認可されているため安心です。
欧米では同等の効果が得られない、不安定等の問題があるようですが、日本では検査機能がきちんとしています。
利用者が増えれば医療費の削減にもつながります。

関連記事

  1. カップ焼きそばを食べている男性

    生活習慣の見直しも効果あり!ED治療薬の効果を高めよう

  2. 薬と水

    ED治療薬 レビトラの使用期限について

  3. 薬の処方

    バイアグラの飲み方 効果を引き出す正しい服用方法とその処方

  4. 血中濃度を測る

    ED治療薬 バイアグラ・シアリス・レビトラの血中濃度と食事の…

  5. ED治療薬の中毒性

    ED治療薬と気になる中毒性・依存について

  6. 起床前の男性

    【勃起障害】朝勃ちがないのはEDのサインかもしれません

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP