ED治療薬で胸焼けがする時の対処法

胸焼けしている男性

ここではED治療薬を服用した際に発生する副作用の1つである胸焼けの原因と対処法・注意点などについて説明いたします。正しい対処法を把握していれば、胃の不快感を速やかに解消できます。

ED治療薬で胸焼けする原因とは

ED治療薬の副作用のひとつに胸焼けがあり、これには平滑筋の緩和が大きく関係しています。
ED治療薬には複数の種類がありますが、EDを改善させるメカニズムは共通しており、陰茎海綿体への血流を増やすことにより、1箇所に血液を集中させて硬くするのです。
その際に陰茎海綿体平滑筋が緩むのですが、食道や胃にある平滑筋までも緩めてしまうことで胸焼けが発生するわけです。
胃酸の逆流によって胸がムカムカするようなら、ED治療薬の副作用だと考えられます。

胸焼けの対処法

胸焼けが発生した場合は胃酸を抑えるための対処が必要になりますので、H2ブロッカーであるガスターやプロトンポンプ阻害薬のタケプロンなどの薬の服用をおすすめします。
いずれも8時間程度作用しますが、即効性を求めるなら30分程度で効果が発現するガスターが最適です。
一方でタケプロンは効果が発現するまでに1~2時間程度かかりますが、作用はこちらのほうが強くなっています。
服用するタイミングは胸焼けが発生した時点が好ましいですが、ED治療薬の服用後にすぐに胸焼けが発生する人は、同時に服用する対処法もあることを覚えておいてください。

胃薬を服用する際の注意点

ED治療薬の服用における胸焼けの対処法として胃薬の服用は効果的ですが、抗生物質や抗がん剤、ステロイド剤、アゾール系抗真菌剤などを服用している方は、両者の同時服用を避けてください。
ほかにも貧血や出血しにくい体質、血小板が少ない、といった人も不可となります。
血液異常のほかには心臓や腎臓・肝臓、胃や・十二指腸などの臓器の病気がある人も同時服用できません。
胸焼けが発生した場合は医師に持病や服用中の薬を伝えたうえで対処法の指導を受ける必要があります。

バイアグラ・シアリスの副作用

バイアグラやシアリスを服用すると血管が拡張し、顔のほてりや頭痛・動悸などの副作用が発生することがあります。
また、眼の充血や鼻づまりなどの症状も見られています。
稀に視覚異常が発生するのもバイアグラやシアリスの特徴です。

おわりに

ED治療薬には優れた効果がありますが、副作用があります。
副作用が発生した場合は胃薬を服用する対処法が効果的ですが、同時服用ができない方もいます。
判断に迷うときは医師に相談して対処法のアドバイスを受けてください。

関連記事

  1. 起床前の男性

    【勃起障害】朝勃ちがないのはEDのサインかもしれません

  2. ED治療薬のジェネリック医薬品

    ED治療薬にもジェネリックがある!ジェネリックについて解説

  3. 青い手袋を付けて錠剤を掴む

    【ED治療薬】バイアグラのジェネリック医薬品シルデナフィルと…

  4. 枕を抱きしめる男性

    睡眠不足が勃起障害のリスクを高くしている!~勃起と睡眠の関係…

  5. 血中濃度を測る

    ED治療薬 バイアグラ・シアリス・レビトラの血中濃度と食事の…

  6. 落ち込んでいる男性

    ED治療薬 バイアグラを処方できない方とその理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP