ED治療薬と気になる中毒性・依存について

ED治療薬の中毒性

EDの治療の1つとして治療薬の使用がありますが、「飲んだら症状が改善すること以外にも影響があるのではないか」と不安を感じる人もいるのではないでしょうか。
本記事では、ED治療薬の中毒性や依存などの影響について確認していきます。

ED治療薬に中毒性は?
一般的に出回っているED治療薬に中毒性があるのか、というと全くありません。
というのも、薬の成分は血管を拡張し勃起しやすくする効果しかないからです。
よく誤解されていますが、飲むだけで神経に作用して性的興奮をもたらす効果も、性欲を増強させる効果もありません。
あくまでも性的刺激を受けて起きる血管拡張を助ける薬です。
従って、ED治療薬を飲んだからといって、麻薬やアルコールのような中毒症状を引き起こす心配はありません。
中毒性がなければ、断薬をしたとしても体に禁断症状が出てくることはなく、普段通りの生活を送ることができます。

精神的に依存する可能性はあるので注意
ED治療薬の成分そのものに、脳に影響を与える働きはありません。
ですから服用を止めたところで、体に異常は出てきません。
しかし、精神的に依存する可能性はあります。
精神的な依存というのは、薬の力を借りることでようやく勃起ができたという体験から、逆にED治療薬を服用しなければ性行為ができないと思い込み、極度の不安に襲われることです。
このように薬に頼り切ってしまうと、EDの治療をしているはずが逆に症状の悪化を引き起こす結果につながります。
そうならないためにも、ED治療では薬だけでなく精神的なケアも同時に行わなければいけません。

根本的に改善するには?
ED治療薬は血流をよくすることで、EDを改善していきます。
薬を飲んだことで性行為をする時に勃起できたとしても、それはあくまで改善する手助けであり、その原因まで取り除いているわけではありません。
では根本的に改善するには、どのようにするべきなのかというと、その原因ごとに個別のアプローチをしていく必要があります。
精神的なストレスやトラウマによるもの(心因性)であれば、カウンセリングを受けたり休暇を取ったりすることで対処ができます。
高血圧や糖尿病など病気によって起きている器質性EDであれば、大本の病気を治療していきます。
心因性と器質性が合わさっている混合型の場合には、大本の病気の治療に加えて、ED治療薬を使うことで男性としての自信を取り戻すことが効果的です。

用量や用法は守って
ED治療薬には中毒性や依存性はないので、安心して性行為をする日の食前に服用できます。しかし、用量や用法を守ることは大切です。
ED治療薬は血管を拡張させて勃起しやすくするものですから、薬を飲み過ぎれば血圧が下がりすぎて低血圧症になり、意識消失など危険な症状が出る恐れがあります。
用法についても、併用してはいけない薬があったり、脂っぽい食事により薬の成分が体に吸収されるのを邪魔されたりすることがあります。
必ず、服用前に注意書きを確認して安全に使用することを心がけましょう。

おわりに
ED治療薬は中毒性や依存性はないのですが、薬に頼ることで精神的な依存が起きることがありますから注意しなければいけません。
EDを根本的に治療するためには、原因であるストレスや病気が何であるかを見極め、それに対しての根本的な治療をすることが必要です。
ED治療薬を用いるときには用法・用量を守らないと、重い低血圧症になることや薬が作用しにくくなることがありますのでその点にも注意するようにしましょう。

関連記事

  1. 薬と水

    ED治療薬 レビトラの使用期限について

  2. ネズミと薬

    【バイアグラ・シアリス】ED治療薬に効果の違いはあるのか

  3. サプリメントを取り出す男性

    シアリスのジェネリック医薬品について~偽物に注意しましょう~…

  4. 薬の処方

    バイアグラの飲み方 効果を引き出す正しい服用方法とその処方

  5. シアリスの効果

    シアリスの効果 勃起不全治療薬としての効果・効能

  6. 胸焼けしている男性

    ED治療薬で胸焼けがする時の対処法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP