【AGA治療薬のザガーロ】 気になる新薬の効果と成分について

後頭部を気にする男性の後ろ姿

AGAは放っておくと髪の毛が失われてしまうので、AGA治療薬を服用して症状の進行を止める必要があります。
処方される薬にはいろいろありますが、その中でも新薬であるザガーロは高い効果があると注目されています。
ここでは、AGA治療薬であるザガーロについて効果や成分など詳しく説明していきます。

AGAの症状と原因

AGAは男性型脱毛症と呼ばれるように、患者の多くは男性です。
その症状は思春期を過ぎた頃から髪の毛がやせ細り、抜けていき薄毛になるもので、前頭部・頭頂部から進行が始まります。
その原因となっているのは、強い脱毛作用を持つジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンです。
本来なら時間をかけ、太くてコシのある髪の毛に成長していきますが、AGAになると髪の毛が細くて短い未成熟な状態で抜け落ちていくので、次第に発毛が追いつかなくなります。
その状態が長く続くと、やがては髪の毛を生み出す毛母細胞が寿命を迎えて、二度と生えることはありません。
治療をしなければ、髪の毛はどんどんと抜け落ちていき、頭皮が広い範囲で見える状態になります。

ザガーロの効果は?

ザガーロとはAGA治療薬の新薬で、高い効果があると注目されています。
ザガーロにはどのような効果があるのかというと、脱毛の原因の一つであるジヒドロテストステロン(DHT)を、テストステロンから変換して作り出す5α還元酵素(リダクターゼ)の働きを止める効果があります。
この酵素が働かなければ、AGAの症状が出ることはありませんので、髪の毛は正常なヘアサイクルで成長します。
さらに酵素の働きを止めることで、脱毛の進んでいる部分に健康な太い髪の毛が生えていきます。
このようにザガーロには発毛・増毛効果があると認められています。
ザガーロが、他のAGA治療薬よりも症状が改善できると期待されているのは、5α還元酵素(リダクターゼ)の働きを止める効果があるとされているからです。

ザガーロの主成分について

ザガーロは、デュタステリドを主成分としています。
主成分であるデュタステリドとは、AGAの原因の一つであるジヒドロテストステロン(DHT)と深く関わる5α還元酵素(リダクターゼ)の働きを止める成分です。
その5α還元酵素には、1型と2型という種類があります。
ザガーロ以外のAGA治療薬に使われてきた成分のフィナステリドは2型だけにしか酵素の働きを止める効果がないため、1型の患者には使えません。
一方でデュタステリドという成分は1型と2型の両方に効果があるので、より多くの患者に処方することができます。
また、DHT受容体の占有率がフィナステリドという成分よりも高いことで、強力に脱毛を抑えられ発毛しやすい環境をつくる効果が期待できます。

ザガーロには2つの特徴がある

AGA治療薬のザガーロには2つの特徴があります。
1つめが主成分であるデュタステリドの力でテストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)に変換する5α還元酵素の1型及び2型を抑えられる効果があることです。
フィナステリドを主成分としたAGA治療薬は2型だけしか抑えられないことから、ザガーロは相対的に高い発毛効果があると期待されています。 
2つめは、薬が代謝されるまでの期間である半減期が長いことです。
フィナステリドを主成分としたAGA治療薬が4時間に対して、デュタステリドを主成分としたザガーロは2週間にもなります。
半減期が長いと、血中に薬の成分が残るので、それだけ効果が長続きします。

おわりに

ザガーロの主成分であるデュタステリドは、2種類ある5α還元酵素の働きを止める効果があることから、薄毛をもたらす男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)がつくられるのを防ぎます。
このデュタステリドは従来使われてきた成分よりも幅広い患者に使えて、なおかつ体の中に長期間残るので発毛が促されやすいという効果が期待できます。

関連記事

  1. 鏡で髪の毛を見る男性

    AGA治療薬 ザガーロの正しい服用方法について

  2. 水の入ったコップと白い錠剤

    プロペシアのジェネリック医薬品フィナステリドの効果とは

  3. これから薬を飲もうとしている男性

    AGA治療薬を飲み忘れると効果が減少する?

  4. AGA治療薬の効果

    AGA治療薬の種類や効果について

  5. プロペシアの薄毛改善効果と副作用について

    プロペシアの薄毛改善効果と副作用について

PAGE TOP