ED治療薬を服用して頭痛がする場合の対処法

頭を抱えている男性

ED治療薬を使用していると、副作用として頭痛の症状があらわれる場合があります。
副作用による頭痛が起こってしまった時の対処法について、頭痛が起きる理由と併せて説明していきます。

ED治療薬で頭痛が起きる理由とは

バイアグラやレビトラ、シアリスといったED治療薬には、勃起の妨げになる酵素の働きを抑える効果や血管を拡張させて勃起を継続させる効果があります。
その際に海綿体以外の血管も拡張させてしまう可能性があり、それが原因となり副作用として頭痛になる場合があります。
また、ED治療薬を服用して生じる副作用は、お酒を飲んだ時に生じるものと非常によく似ていると考えられています。
普段からお酒を飲むと頭が痛くなる人は、副作用が生じやすいと言われているため注意する必要があります。

頭痛がする時の対処法

ED治療薬を服用したことにより頭痛など、身体に不調が生じた場合は、ロキソニンなどの鎮痛剤が効果的です。
一般的にロキソニンなどの鎮痛剤は服用後20分ほどで効いてきます。
ED治療薬であるバイアグラやレビトラと鎮痛剤であるロキソニンは、効果のある時間が同じですので、同時に服用しておくと安心です。
胃の弱い人は胃薬も同時に飲むことをおすすめします。
また頭痛がひどい場合は、ED治療薬の用量をなるべく少なくして服用した方がよいかもしれません。

ロキソニンを服用する際には注意を

頭痛対策としてロキソニンを服用する際は時間をあけずに続けて服用せず、最低でも4時間はあけて服用してください。
また、ロキソニンは消化性潰瘍がある人や重篤な血液の異常がある人、重篤な肝障害のある人、さらに重篤な心機能不全などがある人は服用することができないため注意して下さい。
自分がEDではないかと悩んでいる時に、朝勃ちがあるから問題はないと判断する人がいますが、たとえ朝勃ちがあってもEDだったということも珍しくはありません。
EDではないかとお悩みの方は受診をおすすめします。

症状がひどい場合には1度医師に相談しましょう

頭痛などといった副作用の症状がひどい場合は、1度医師に相談するようにしましょう
ED治療薬はバイアグラだけではなく、レビトラやシアリスもあります。
それぞれに価格や効能、生じる可能性がある身体の不調も異なります。
服用する治療薬を自分の判断で決めるのではなく、必ず信頼できる医師の診察を受けてから自分に合う治療薬を選ぶようにしましょう。
痛みを抑えるための鎮痛剤にも様々な成分や種類があるので不安に感じたら医師に相談することをおすすめします。

おわりに

ED治療薬を使用していると、身体に何かしらの不調があらわれることは少なくありません。中でも頭痛を抑えるためには、自分にあった鎮痛剤を選んで正しく飲むことが重要です。自分で判断せずに医師に相談するようにしましょう。

関連記事

  1. 薬の処方

    バイアグラの飲み方 効果を引き出す正しい服用方法とその処方

  2. 血中濃度を測る

    ED治療薬 バイアグラ・シアリス・レビトラの血中濃度と食事の…

  3. 落ち込んでいる男性

    ED治療薬 バイアグラを処方できない方とその理由

  4. 飲み薬とコップ

    EDかも?勃起不全になる仕組みと原因 治療に効果的な薬もご紹…

  5. ED治療薬のジェネリック医薬品

    ED治療薬にもジェネリックがある!ジェネリックについて解説

  6. 顎に手をつき考えている男性

    水なしで飲めて持ち運びに便利!バイアグラODフィルムとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP