【ED治療薬】バイアグラのジェネリック医薬品シルデナフィルとは

青い手袋を付けて錠剤を掴む

EDの治療薬として世界的に有名なのはバイアグラです。しかし長期にわたって頻繁に使用するのであれば、その費用が痛手だと感じられる方もいらっしゃるでしょう。
そんな時はジェネリック治療薬を使用するという選択肢もあります。

シルデナフィルはバイアグラのジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは先発正規品の特許が切れたことによって、他の会社が作ることができるようになる後発の治療薬のことです。
成分やEDに対しての効果は正規品と同じ内容が期待できるにも関わらず、開発費が安いため価格が安いことが特徴です。
バイアグラの主成分はシルデナフィルというものですが、バイアグラの日本での特許はすでに切れています。
従ってシルデナフィル錠という名前で数多くのジェネリック治療薬があります。

正規品とジェネリック医薬品の違い

シルデナフィルのジェネリック治療薬は基本的に、正規品のバイアグラと同じ成分を使用しています。
なので、正しく製造されていればEDへの効果面に違いはまずありません。
大きな違いは価格で、場合によっては価格を半分以下に抑えることも不可能ではありません。 ジェネリック医薬品は色・味・添加物に関しては正規品からの変更を加えても良いが、有効成分の種類や量、効果・効能に関しては変更してはいけないという決まりがあります。
そのため、基本的には違いはないと考えても大きな問題はないと言えます。

たくさんある種類からどのシルデナフィルを選ぶか

バイアグラは非常に有名なので、そのジェネリックであるシルデナフィル治療薬には非常に多くの種類があります。その違いは基本的に価格と有効成分の量です。 
シルデナフィルはEDにのみ働きかけるのではなく、全身に影響を与えます。それはジェネリックになっても変わりません。
そのため、大量に摂取すれば良いというわけではないです。逆に少な過ぎるとEDに効果が出なくなってしまいます。
なので、数多くあるシルデナフィル治療薬の中から選ぶ際には、自分のEDの症状に合った量を摂取すると良いでしょう。適切な量を個人で判断することは難しいので、医師の指示に従いましょう。

病院で処方してもらうメリット

シルデナフィルを入手するためには、病院での処方をうける必要があります。
病院での処方を受けない場合、個人輸入などの危険な方法を取らざるを得ません。
シルデナフィル治療薬の中には偽物も数多くあります。
海外から個人輸入する場合は、効果がないどころか体調に悪影響を及ぼしかねない成分が入っているかもしれません。
そのため確かなルートから入ってくる上に、専門家である医師のお墨付きがある病院での処方が安全です。

おわりに

ジェネリックという名前は世間に広く浸透しているので、バイアグラにもあることを知っている人も多いかもしれません。
バイアグラと変わらない効果と強みである価格の安さ、これらの両方の恩恵を受け、しっかりEDに対策するために、正しい方法で入手するようにしましょう。

関連記事

  1. ED治療薬について

    ED治療薬について それぞれの違いと副作用について

  2. 起床前の男性

    【勃起障害】朝勃ちがないのはEDのサインかもしれません

  3. ED治療薬の中毒性

    ED治療薬と気になる中毒性・依存について

  4. 薬と水

    ED治療薬 レビトラの使用期限について

  5. 薬の処方

    バイアグラの飲み方 効果を引き出す正しい服用方法とその処方

  6. ネズミと薬

    【バイアグラ・シアリス】ED治療薬に効果の違いはあるのか

PAGE TOP