ED(勃起不全・勃起障害)治療薬

レビトラ

バイアグラを凌ぐ即効性と持続力

レビトラ(Levitra)はバルデナフィルを有効成分とし、バイアグラの次にバイエル社が製造販売する世界で2番目のED(勃起不全)治療薬です。
レビトラは水に溶けやすいという特性があり、バイアグラと比較した場合さらに短時間で作用するのも大きな特徴です。バイアグラとは主成分が異なるため、バイアグラで効果が出なかった方でもレビトラで効果を感じられる可能性が高いです。

【効果】
個人差はありますが、通常レビトラの服用から15〜30分程度で効果が現れ、その後8~10時間効果が持続します。他のED治療薬と同様に薬が効いてきても勝手に勃起するということはなく、陰茎が性的な刺激を受けた時のみ勃起します。また、薬の効果がきれるまで勃起しっぱなしということにはなりませんので、ご安心ください。

【使用方法】
空腹時、性行為の約1時間前に1日1回20mgまで、服用間隔は24時間以上にして下さい。レビトラはバイアグラに比べ食事やアルコールの影響を受けるメリットがありますが、全く影響がないというわけではありません。過剰なアルコールの摂取や脂肪分の多い食事をすると、効果が半減することもございますのでご注意ください。

【副作用】
他のED治療薬と同様に「顔がほてる」「頭痛がする」「目が充血する」「鼻づまり」などアルコールを摂取したときに似た症状が出る可能性があります。そのような症状の現れは薬が効き始めた兆候といえますので副作用に関して過度に不安を持つ必要はありません。また、時間経過とともに症状は落ち着いてきます。

【注意事項】
即効性に優れ持続もあり、食事の影響も受けにくいレビトラですが、バイアグラに比べて併用禁忌薬が多い為、注意がする必要があります。
バイアグラと同様に血管拡張作用のある薬であるため併用すると血圧が急激に下がりショック状態に陥ることがあります。
硝酸剤(飲み薬・舌下錠・貼り薬・注射・吸入剤など)、抗不整脈薬(塩酸アミオダロン)、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬、坑ウィルス剤(HIV治療薬)、内服の抗真菌薬(水虫などのカビによる感染症の治療薬)も併用はできません。
また、当院で処方しているレビトラは10mg、20mgがあります。10mgで十分な効果が得られる人が20mgに含有量を上げても効果はさほど変わりません。10mgを使用して十分な効果が得られなかったら20mgに増やす、といった対処法もできます。

現在服用している薬があれば医師に正しく申告し、処方前には医師から説明がありますがご自分で判断せずしっかりと相談してください。

PAGE TOP